スマホアプリのオンラインプロモーションに特化したクリエイティブ制作事業開始のお知らせ

デジタル施策によるユーザー獲得に特化した動画・静止画バナー制作を適正価格で提供

株式会社Cane.asia(東京都渋谷区)は、スマートフォンアプリのオンライン広告によるプロモーションに特化したクリエイティブ(動画・静止画バナー)制作事業を開始します。アプリのデジタル広告領域で実績のあるメンバーが、ユーザー獲得のパフォーマンス向上に特化し、企画から制作まで総合的なサービスを適正価格で提供します。
これまで日本におけるスマートフォンゲーム・アプリのプロモーションは、多くの場合 “大手企業が” “広告代理店を経由して” 実施しており、クリエイティブの制作は手数料(マージン)に含まれる形で広告代理店から無償で提供されているケースがほとんどでした。

しかし昨今、より “中小規模のアプリパブリッシャ” や “個人” による広告出稿や、”代理店を介さず直接(ダイレクトに)媒体へと出稿を行うケース” が増えてきています。

にもかかわらず、スマホアプリのオンライン広告に特化したクリエイティブ制作会社がこれまで無かったため、様々な課題が表面化してきています。

[課題の例]

  • 一般的な制作会社にはオンライン広告の運用ノウハウがないため、見た目のよいクリエイティブを作ることが出来ても、獲得効率の高いクリエイティブを企画することが出来ない
  • 出稿する側にも制作ノウハウがないため、制作費用が適正かどうか判断することが出来ず、不当に高い金額を負担してしまったり、相場より明らかに安い単価で発注し質の低いクリエイティブを作ってしまう
  • 一定額の広告出稿を条件に媒体がクリエイティブを無償で制作してくれた場合、よりアクセルを踏むために他の媒体に出稿しようとすると、そのクリエイティブを使用することが出来ない制約がある

そこで、このたびCane.asiaは、下記のような特徴を持つ、スマホアプリのオンラインプロモーションに特化したクリエイティブを制作する事業を開始します。

[特徴]

  • 自社で行なっているアプリのパブリッシング、およびマーケティング支援コンサルティング・広告運用代行で得た経験を活用
  • 大手デジタル広告代理店・大手広告ネットワーク・大手ソーシャルゲームパブリッシャ等に在籍経験のあるメンバーの知見を凝縮
  • 業務の徹底的な効率化を行い、クリエイティブ制作業界の平均的な水準より安価に制作
  • 広告パフォーマンスの高いクリエイティブをスピーディに制作

[事例]
①株式会社ピース様『コトダマ勇者』(iOS | Android)
動画(縦・横、30秒+15秒へリサイズ)

②株式会社ポラリスエックス様『少年騎士ヤスヒロ』(iOS | Android}
動画(横、30秒)

③阿部 敬介様『Slash/Dots.』(iOS | Android)
動画(縦・横、30秒+15秒へリサイズ)、静止画バナー

④Flipout LLC様『日常英会話表現』(iOS | Android)
動画(縦・横、30秒+15秒へリサイズ)、静止画バナー

[制作までの流れ]

  1. [発注者様]プロモーションを行いたいゲーム・アプリ、必要な素材(動画・静止画、サイズ、秒数、パターン数など)を global@cane.asia までメール
  2. [Cane.asia]いただいた情報をもとにお見積りを発注者様に送付
  3. [発注者様]お見積り内容に同意いただいたらご発注
  4. [Cane.asia]クリエイティブの初稿を制作
  5. [発注者様]軽微な修正点のフィードバック (※)
  6. [Cane.asia]修正後、最終版を納品

※事前に情報をいただけなかったことに起因する大幅な修正は、追加料金を請求させていただきます

■Cane.asia事業内容について
当社は2017年創業の、アプリのビジネスサポートを専門とする会社です。
アプリパブリッシング事業、インバウンド・アウトバウンドに特化したマーケティング支援コンサルティング・広告運用代行、動画・静止画バナーを中心としたクリエイティブ制作など、国内外のアプリデベロッパー様に必要とされるビジネス支援をオーダーメイドで行なっております。

企業:株式会社Cane.asia
所在地:東京都渋谷区
創業:2017年9月
資本金:1,000,000円
事業内容:アプリマーケティング事業・パブリッシング事業・クリエイティブ事業
http://cane.asia/

■当社へのお問い合わせ先
株式会社Cane.asia 担当 中田 英雄
nakata@cane.asia
お見積もりの依頼 → global@cane.asia

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。